So-net無料ブログ作成

羊と鋼の森のあらすじ|感想レビューや評価・書評まとめも

hitsuji.jpg

こんにちは、マコです。
2016年の本屋大賞がついに発表されましたね。今年の大賞受賞作はピアノの調律に魅了された青年・外村の成長を優しく描いた宮下奈都さんの「羊と鋼の森」。この記事では「羊と鋼の森」のあらすじのほか感想・評価などについてまとめました。

スポンサードリンク

羊と鋼の森のあらすじ


羊と鋼の森

北海道の山間で育った物静かな青年・外村(とむら)は、一人暮らしをしながら高校に通っていた。そんなある日、高校の体育館のピアノを調律しに職人気質のピアノ調律師・板鳥(いたどり)が現れた。

ピアノも弾けずクラシックも興味がなかった外村だが、彼の調律した森の景色を奏でるようなピアノの音色に心を動かされ、板鳥に弟子入りを志願するが断られ、専門学校への進学を勧められた。

2年間ピアノ調律師の専門学校で学び、板鳥の勧める小さな楽器店に就職するが、ピアノが弾けない外村は音が狂ったピアノを音階どおりに戻すという基本的なことすら難しい。これだと思って進んだ道なのに、自分に自信が持てず、才能も感じられなくて…。
そんな外村が悩みながらも調律師として、人として、周囲の人たちに見守られながら成長していく姿を繊細に描いた長編小説。

羊と鋼の森の感想や評価は?

「羊と鋼の森」を読んだ人たちの感想や評価をいくつかまとめさせていただきました。

静かな静かな文章で、情景が柔らかく浮かんできて、気持ちが優しくなる作品。ゆっくり味わおうと思ったのに、すーっと吸い込まれるように一気に読んでしまった。 1冊の本が人生を変えるように、1つの音で、人生を決めた青年。外村くんは、無味無臭のキャラクターだけど、仕事への真摯な姿勢に、とても癒される。こんな風にコツコツ、静かな情熱を持って生きていけたら素敵だな。
引用:bookmeter.com

叙景詩のような、言葉がきれいで静かな作品。 ピアノのことも調律師のこともほとんど知らないけど、音楽に疎くても十分楽しめた。 なりたいものを見つけてそれに向かってあがきながら進む主人公の姿が清々しい。
引用:asakure.exblog.jp

大きな山場があるわけではなく、淡々とした進め方だが、うまい書き手である。ピアニストではなく、調律師の成長を描いたあたりも非凡な着目だし、ふたごの少女を登場させたのも良い味つけ。何より、人間が描かれている。比喩が好きな人物を脇に置きながら、しかし著者も比喩が好きなようだ。面白い。
出展:honto.jp

表現の仕方やアプローチは異なっていてもそれぞれ自分の目指す道をしっかり歩いて行く、努力することの尊さを感じた。 未来はきっともっとよくなると思える優しい物語だった。荒んだ心に染みる。
引用:www.horizon-t.net

正解のないこの抽象的な音の世界が、著者特有の豊かで巧みな比喩と絶妙に調和して、より深遠な境地へと到達している。それは転じて、どんな仕事にも通底する、大切なハートの部分を描き出すことにも成功している。だからこそ、終盤に外村が、自信や才能の有無ではなく、お客さんがピアノを最も美しく奏でられるよう努力する姿に勇気づけられるのだ。
引用:www.sankei.com

この他にもたくさんの評価や感想がありますが、一番多くみられたのが「優しい」や「淡々としている」という言葉です。大きな盛り上がりがあるお話ではないですが、個人的には音という目に見えないものを見事に文章で表現し、読む人にイメージさせることができる宮下奈都さんの文章力・表現力に脱帽です。

直木賞は惜しくも逃しましたが、今回2016年の本屋大賞に選ばれたことで再び注目を集めた「羊と鋼の森」。心温まる優しい作品ですので、ぜひ一度読んでみてくださいね!


羊と鋼の森


スポンサードリンク



こんな記事も読まれています



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。