So-net無料ブログ作成
検索選択

ペヨングは美味しい?まずい?ペユングとペヤングの感想も

こんにちは、マコです。
ちょっと出遅れましたが、3月14日新発売のペヤング姉妹品(偽物風?)「ペヨング」を食べました。発売直後から品薄状態というこの「ペヨング」は美味しいのか美味しくないのか、個人的な感想をつづる記事です。比較のため同時に「ペヤング」も食べたので、せっかくなので混ぜて「ペユング」も作ってみましたよ!

スポンサードリンク


ペヤングとペヨングの違い

この記事では実際に食べ比べた感想についてまとめています。カロリーや値段については別記事でまとめてあるのでそちらをご覧ください。
【関連記事】ペヨングの味・カロリーや値段はいくら?ペヤングとの違いや発売日も

さてさて、まずは「ペヤング」と「ペヨング」を並べて見た目がどう変わったのか見ていきましょう。

「ペヤング」と「ペヨング」パッケージの比較

package.jpg
パッケージが縦向きが「ペヤング」で横向きが「ペヨング」ですね。「ペヤング」の文字はカタカナで、「ペヨング」の文字はアルファベット。『やきそば』の文字は「ペヤング」がのれんのイラストが背景になってるのに対し、「ペヨング」は丸が4つ連なった上に文字が配置してあります。「ペヨング」はデザインもシンプルでポップな印象ですね。

パッケージを外して比較

パッケージを外してみました。package1.jpg
「ペヨング」は「ペヤング」よりも14g少ないとのことですが、その程度だと大きさは同じですよね。ぱっと見どっちがどっちかわかりません。
でも細部をよく見ていくと、作り方の手順のレイアウトは全然違うし、湯切りの時に押さえる星マークも「ペヤング」は☆で、「ペヨング」は★になっていたりします。

かやくの袋を比較

続いて中身ですが、まずはかやくの見た目を比べてみます。
kayaku.jpg
サイズは同じですかね。書かれている文字を見ると、なんと両方とも「ペヤング」ではないですか!白いのが「ペヤング」でスケルトンが「ペヨング」です。なんでデザインを変えたのに、商品名「ペヤング」のままなのか…謎です。

ソースの袋を比較

次にソースいきます。こちらはどうでしょうか?
sauce.jpg
こちらはちゃんと「peyong(ペヤング)」になっていますね。黄色いのが「ペヤング」で赤いのが「ペヨング」です。「ペヤング」のほうには大きな油が浮いているのに対して、「ペヨング」は油は浮いてないのがわかりますね。

「ペヤング」と「ペヨング」同時に食べてみた感想


実はわたくし、「ペヤング」を食べるのは数年ぶり。なのでどんな味だったか確認のためにまずは「ペヤング」からいただきました。

もぐもぐ。

……やっぱ美味しい!けどこんなに味濃かったっけ?というのが最初の感想です。結構甘いですが、酸味も感じられていいバランスのソース味です。さきほど袋を見ただけでわかったソースの油分と、かやくに入ったお肉の油でガッツリした味になってます。2カ月くらい前に、これまた久々にUFOを食べたんですけど、個人的には「ペヤング」に軍杯が上がります。

それではいよいよ「ペヨング」です!

もぐもぐ。

……さっぱり。というか薄い。甘くない。油っこくない。
「薄い」に関しては味の濃い「ペヤング」の直後だったので、とりあえず何口か続けて「ペヨング」を食べてみました。

食べ慣れれば薄すぎるわけでもなく、ソース焼きそばとしては十分な味の濃さになってるのがわかりましたので訂正します。「ペヨング」の感想は「さっぱり・甘くない・油っこくない」です。

ただ、「ペヤング」はかなり甘みの強いソースなのに対して、「ペヨング」はほとんど甘みを感じません。私は甘めのソースが好みなので、濃さを抜きにした味の点では「ペヤング」のほうが好きですね。逆に甘いのが苦手で「ペヤング」を敬遠してた人にはぜひ「ペヨング」食べてみてほしいです。

普段和食メインで生活している20代の私は、味は「ペヤング」が好みで、濃さは「ペヨング」ぐらいがいいなというワガママな感想を持ってしまいました。私の両親(60歳)にも味見してもらいましたが、さっぱりしてて美味しいということで二人とも「ペヨング」支持でした。

まるか食品さんにはぜひ「ペヤング」と「ペヨング」の中間にあたる商品を出していただきたいです。
「ペヨング」発売直後のニュースで、まるか食品さんが「ペユング」という商標登録をしたことを知り、近いうち本当に発売してくれるんじゃないかとマジで期待しています!お願いします!

混ぜてペユングにして食べてみた

「ペユング」の発売が待ちきれない私は、「ペヤング」と混ぜて「ペユング」を作ってしまいました。よその記事でも色んな割合でやっている方がいましたが、私はハーフハーフでいただきました。

結果としては、「これが一番好き」という最高評価を与えることになりました。
「ペヤング」では味が濃すぎて、「ペヨング」では甘みが物足りないというデメリット(個人の感想です)は、両者を混ぜるという簡単な作業で払拭され、美味しくいただくことができました。

冷めたときの味

「ペヤング」と「ペヨング」をちょびちょび食べていると、まだ寒いこの時期あっという間に冷めてしまいました。しかしそのおかげで冷めるとまた味わいが変わることを発見。
「ペヨング」は冷めると、水分が飛んでカラカラになります。麺が乾燥しちゃうんです。出来立ての時よりも、ジャンキーな味わいに変わり、これはこれで美味しかったですが、お菓子みたいでごはん感は薄れます。
「ペヤング」は油分が多いためか、乾燥することはないですが、冷えることで油っぽさを強く感じるようになりました。「ペヤング」はできるだけ早く食べたほうが美味しいですね。

まとめ

いかがでしたか?内容量が減り、かやくのお肉がなくなり、ソースも変わり価格も下がった「ペヨング」が果たして美味しいのか。それが気になっての今回の検証となりましたが、結果としては「ペヨング」も美味しいです。「ペユング」はもっと美味しいです。ということをお伝えしてこの記事を終わりたいと思います。
もちろん人それぞれ好みがありますので、ぜひこの記事を参考に気になる方は「ペヨング」や「ペユング」、お試しいただきたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク



こんな記事も読まれています



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。