So-net無料ブログ作成
検索選択

宅浪の成功率上げるには?スケジュールの立て方がカギになる!

schedule.jpg
受験が終わり、嬉しい結果に終わった方もいる一方で、この先の1年も受験勉強を続けなければいけない人もいます。中には予備校に通い続けるのが経済的に厳しく、宅浪の道を選択する方もおられますよね。この記事では宅浪での合格率を高める最大のポイント、スケジュール管理についてご紹介します。

スポンサードリンク


宅浪の合格率を上げるためには徹底したスケジュール管理

予備校に通う浪人生の合格率は33%といわれています。かなり低いなという印象ですね。1年間のカリキュラムを管理してもらっている予備校生でもこの程度の合格率なのですから、宅浪の合格率はこれ以下なのは間違いありません。
ではどのようにして宅浪の合格率を上げていくかですが、「徹底したスケジュール管理」これに尽きると思います。大手の大学受験予備校の1授業は大体90分刻みです。人間はそれぞれにあったペースがあるはずですが、全員が似たような時間管理システムの中で動くことになります。その点、宅浪は自分で時間の使い方を決められるので、しっかりスケジュール管理し、自分に最適なペースを見つければ、予備校に通う以上の成果を出せるかもしれません。

年間・月間・週間・デイリーまで細かくスケジュールを立てる

月間スケジュール、週間スケジュール、1日のスケジュール、全てを事前に決めて行動すること。これによって与えられた時間を最大限有効に使うことができます。これをやるとやらないでは、こなせる勉強量に大きな差が出ます。

まず1年間にこなす問題集・参考書のリストアップを行います。そして年間・月間スケジュールにどの参考書をいつまでにやるのかを書き込んでいきましょう。各模試までにどれくらい進めるか、ということを意識すると目標がはっきりして、モチベーションの維持につながります。
それを決めたら次に週間スケジュールですね、何日までにどの問題集を何ページ進めるのか、まずは直近の1ヶ月を書いていきます。月末になったら、年間の予定をもとにまた来月分のスケジュールを書きます。

最後に、毎日15分ほどの時間を使い、1日分のスケジュールを細かく設定していきます。これは何時に起きて、何時に朝ごはんを食べて、何時から勉強を初めて何時までに何ページ進めるといったように、明日の予定を時間ごとに区切って書いていきます。

これをしないと、今日は面倒だから、疲れたから、昨日は結構勉強できたし、とサボる日が出てくるでしょう。
受験勉強は少しずつでも、毎日継続することが大変重要です。1度サボってしまうと、高確率で数日以内にまたサボる日がでてきます。それが続いてしまったら…結果がどうなるかは目に見えていますよね。

無計画のまま宅浪を始めると、毎日1日中勉強しても、今どれくらい進んでるのか、そのペースでちゃんと終わるのかがわからないため、不安にかられることがあります。1日の勉強量を必要以上に詰め込んでしまい、体をこわすこともあるでしょう。自分に無理のないペースで必要な勉強量をこなすために、ぜひスケジュール管理をして自分のペースをつかみましょう。

これだけ徹底したスケジュール管理をおすすめするのは、毎日の作業量を決めることで、安心感が生まれ効率よく勉強できるからです。毎日予定どおり進めれば必ずやろうと思った勉強量をこなせるのですから、少し早めに終わった日は体を休めてもいいし、読書してもいい、余った時間を息抜きのために使うことができます。また、できるだけ毎日1度30分以上は外へ出て行くようにしましょう。家に缶詰になっていると、気持ちがふさぎがちになってしまいます。息抜きはサボりではなく必要な時間と思い、決めた時間はしっかり休みましょう。

どの手帳を使えばいいか

月間スケジュール、週間スケジュール、1日のスケジュールを全て書き込む手帳はいくつかありますが、私がお勧めしたいのはフランクリン プランナーという時間管理ツールです。私も実際に仕事で使用しているのですが、これまでに使っていた手帳に比べて圧倒的にスケジュール管理が楽になりました。

手帳としてはお高めですが、それ以上の価値があると思います。毎日の予定にノート欄などがついたデイリーと、週間スケジュールを立てるのに特化したウィークリーがありますが、受験生にはまずウィークリーを試していただき、必要に応じてデイリーのリフィルを追加するといいでしょう。
こちらのスターターキットには、すぐに書き始められる必要最低限のものが揃っていますので初めての方におすすめです。私もこのスターターキットから初め、追加でリフィルを買うことなく事足りています。


詳しい使用方法は公式サイトで確認できますので、ぜひ見てみてください。

まとめ

宅浪の成功率アップには、スケジュール管理がカギとなるというお話をさせていただきました。勉強しやすい時間帯や、集中力の持続時間なども人によって違いますよね。これを自分に最適な状態にコントロールできるのは宅浪のメリットです。1年間モチベーションを保って受験勉強できるように、ぜひ今回おすすめしたスケジュール管理について考えてみてくださいね。


スポンサードリンク



関連記事


こんな記事も読まれています



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。