So-net無料ブログ作成
検索選択

入学祝いの図書カードの金額相場は?郵送方法や注意点も

book1.jpg

こんにちは、マコです。
3月は卒業シーズン。この時期考えておきたいのが、来月入学を控えた子供たちへの入学祝いですね。
最近は入学祝いのプレゼントとして「図書カード」の人気が上がっているようです。本人がどの本を買うか選べるし、書店によっては文房具や学用品も扱っています。勉強の好きな子は参考書や専門書を買ったりと、ゲームやおもちゃと違って学業に関係する贈り物にもなり得るので、入学祝いにはぴったりですよね。

この記事では入学祝いで図書カードを送るときの金額の相場や、遠方の場合気になってくる郵送方法についてご紹介します!



入学祝いの図書カードの金額相場

全国の取扱書店で購入できる図書カードは、金額で分類すると500円・1,000円・2,000円・3,000円・5,000円・10,000円の6種類にわかれます。
そしてデザインも「ピーターラビットシリーズ」(1,000円・3,000円・5,000円)、「名画シリーズ」(1,000円・3,000円・5,000円・10,000円)、「ページシリーズ」(1,000円・2,000円)、「500円カード」の4種類があります。
その中でも入学祝いなどの贈り物に最適なのが、うさぎが可愛らしい「ピーターラビットシリーズ」と、マネやルノワールなどの有名画家の絵がプリントされた「名画シリーズ」の二つですね。

さて、入学祝いを贈る相手の年齢によって、どの金額を選ぶか決まってきます。一般的にはそれぞれこのような金額が相場のようです。
小学生  3,000円・5,000円(ピーターラビットシリーズ)
中学生  5,000円・10,000円(名画シリーズ)
高校生  5,000円・10,000円(名画シリーズ)
入学祝いということで、どの年代に対して贈る場合でも金額は高めのようです。また、図書カードにプラスして文房具など、これからの学校生活で必要となるものを一緒に贈る方もいらっしゃいます。

インターネット版の図書カード

最近の中高生は本屋さんにはあまり行かず、書籍はインターネット通販で買うという人も多いです。「電子書籍」というパソコンやスマートフォンで読むかたちの本も多数出版されていますし、自分の欲しい本が近所の書店では売っていない、なんてこともよくあります。

でも図書カードは書店へ足を運ばないと使うことができないんですよね。そのため、お祝いに貰った図書カードを金券ショップにこっそり売りに行く子もいるようです。(買取相場は90%と高めです)せっかく頭を悩ませて贈った図書カードが、自分の知らないところで売られてしまったらなんだか悲しいですね。

そんなこともあり、最近では入学・卒業祝いに世界最大の書店ともいわれる「amazon」で使える「Amazonギフト券」を贈るケースも増えているようです。



金額も図書カードと同じ5,000円や10,000円という値段を選ぶことができます。贈答用のギフトボックスなどもオシャレで綺麗なものが多いので、ぜひ見てみてください。
若い子でネット通販をしたことがない人は少数ですし、今後は利便性の高い「Amazonギフト券」などインターネット上の金券が普及していくと思いますね。

郵送方法と注意点について

図書カードはお金として使えるものです。現金を現金書留以外の方法で送るのは違法になりますが、図書カードはどうなのでしょうか?

実は、図書カードは普通郵便で送っても違法にはなりません。
郵便約款をみると、切手・はがき類や商品券・プリペイドカードなどの金券類は、書留として送らなければいけない貴重品の中には入っていないのです。
実際に、インターネットオークションなどでも様々な商品券・プリペイドカードが売買されていますが、主な郵送方法は普通郵便ですし、企業の懸賞などで当選したQUOカードなども一般的には普通郵便で送られてきます。

以上のことから、図書カードを送る際も普通郵便で送ることが多いようです。ただ、金額が5,000円〜10,000円ともなると高額ですし、簡易書留や一般書留を加えたり、保証サービスのある「ゆうパック」を利用したほうが安心かもしれませんね。

郵便で送る際の注意点

封筒に入れて郵便で送る場合、図書カードが折れないように厚紙で挟んで送りましょう。封筒の表に赤で「折曲厳禁」と書いてもいいかもしれません。また、間違っても「図書カード(券)在中」などとは書かないようにしましょうね。盗難の可能性がゼロではありませんので!

まとめ

いかがでしたか?私も小さい頃、お祝いで図書カードをもらったことが何度かあります。人によって金額は違いましたが(笑)、自分のことを考えてお祝いを贈ってくれるその気持ちが嬉しかったです。ぜひ、今年の入学祝いには図書カードやAmazonギフト券を選んでみてくださいね。きっと喜ばれると思いますよ!


スポンサードリンク



関連記事


こんな記事も読まれています



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。